<< 11/09/24の中国語学習 | main | 11/09/25の中国語学習 >>

映画『モテキ』

映画『モテキ』を観た。映画『モテキ』
実はTVシリーズを観ていない。当然原作も読んでいない。
TVのスポットCMで森山未來が踊る姿に、そのシーンだけでもスクリーンで観てもいいかもと思ったのだ。
急遽映画公開までの2〜3日でTVシリーズを総ざらいし、SP番組も観ていざ映画館へ。

さすがダンサー。
ダンスシーンが一曲のみなのが本当に惜しい。映画でも冒頭のシーンですでに満足だった。はずだったのだが……。

ナンダ? この長澤まさみ(松尾美由紀役)。
藤君(演・森山未來)の台詞じゃないが最強じゃないか。
言うなればTVシリーズの土井亜紀のセクシーさと、中柴いつかのサブカル度と、小宮山夏樹の小悪魔っぷりを足したような、正に藤君にとっては最終兵器彼女(笑)。だって3人を足しても3で割ってないんだから(笑)。それを演じる長澤まさみも当然最強。特別ファンでもないけどこれはヤバい。長澤まさみのピークは『世界の中心で愛を叫ぶ』だと思っていたからだ。麻生久美子が演じる枡本留未子もいいが、このセカチューコンビの前では当て馬でしかない。

この映画はお祭りだーという思いで見に行ったのだが、やっぱり恋愛って切ないね。前半のコミカルなテンションのせいもあってか、シリアスな後半は心が痛む。誰もが少なからず、どこから持っている恋愛のキズを思い出させる。ある意味過激な台詞も、そうだからこそ余計に心に突き刺さり、えぐる。

痛い。藤君の叫びは本当に痛い。笑えちゃうくらい痛い。

ふと振り返ると、自分にモテキってあったんだろうか?
気づかないうちに終わってたりして、いや、これからかも。
いやいやこれからって、もう結婚してるしな、自分(笑)
まぁとにかく誰か知ってたら教えて欲しい(爆)

そうそう。
仲里依紗目的でもあったんだけど、真木よう子と共に出番は少ないです。真木よう子の役はあからさまにTVシリーズの林田だろうと思いましたがその通りです(笑)

台詞はアレだけど、映像は綺麗だし、女優陣も美しいし、キスシーンはリアルだし(笑)、はっちゃけるところははっちゃけてるし、邦画好きの自分としてはこういう映画がどんどん増えて欲しいなぁ。
しかしTVシリーズから映画まで、すべてを2〜3日で観たせいか、なかなか現実に戻ってこれないです(苦笑)、つか戻りたくね〜〜(最後は藤君風www)


まとめ:
 森山未來はやっぱりダンサー
 長澤まさみは最強(笑)
 おいしいところはすべて墨さんがかっさらった(爆)


映画『モテキ』


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Twitter
シェンウの本棚
月刊聴く中国語定期購読
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM